教育体制

院内研修・OZAK(関連施設グループ)研修の開催、院外研修への積極的参加を

通じて自己研磨と看護部・病院の質向上を目指しています。

また、平成26年度は、東京都看護協会 就業協力員の指導を受けて、

新人看護職員教育体制の構築に取り組んでいます。

OZAKグループ研修 年間計画

<OZAKグループとは>

首都圏を中心に、約40以上ものOZAK(O:大坪会、Z:全仁会、A:青葉会、

K:弘生会 など)関連病院・施設・クリニック・訪問看護ステーションなどが

あります。  

三軒茶屋地区 教育内容

  開催月      担当    研修内容
 4月  感染  手指衛生と標準予防策 
5月 ME  人工呼吸器(CLV90) 

6月

教育  安全なトランス
7月 ME  人工呼吸器(Tバード)
8月 教育  院内看護研究発表会
9月 ME  除細動器
10月 教育  輸血
11月 ME  Cパップ・バイパップ
12月 教育  麻薬管理
1月 ME  AED

2月

防災  アクションカード等
3月 ME  生体モニター


教育委員会年間目標

①新人看護師、又は、新入職員・現職職員の離職防止と定着促進を目的とし、充実

 した看護教育を受けることができる。

②病院組織全体で、看護教育が重要であることの認識を深めることができる。

③各スタッフがいきいきと学習に取り組み、自らの成長と存在価値を見いだすこと

 のできる職場環境の構築ができる。

 

教育委員会活動方針

①東京都看護協会の就業協力員の指導を受け教育課題を確認し、教育体制のより

 良い構築を目指す。新人教育チェックリスト・研修プログラムの見直しを行う。

②看護師のみの教育指導という体制から、組織全体の教育力の強化を目指すため、

 他部署協力を求める。地域関連病院などの研修や教育機関など、外部組織の協力

 を得るなどしながら、組織内のみでは補えない教育の強化をはかる。

③スタッフ各々が自己の学習目標と達成項目について認識を深め、学習する喜びを

 もてるよう支援する。各々の能力を高めるため院外研修への参加を呼び掛け、

 伝達講習の企画を依頼する。委員会に働きかけ院内研修の充実を図る。