■診療科紹介(泌尿器科)

【泌尿器科のご案内】

尿路生殖器系の疾患全般に対応します。

特に、近年注目を集めている前立腺癌については、『診療ガイドライン』を基本として、患者様と相談しながら、最適と思われる治療法を選択してまいります。

【外来担当医(金曜日午前):藤城徹之】

略歴:
医学博士。日本泌尿器科学界認定専門医。

平成元年、群馬大学医学部卒業。

同年、東京大学泌尿器科学教室入局後、東大病院、虎の門病院、都立府中病院などの関連施設に勤務。

平成15年より大坪会勤務。

 

 

泌尿器科で扱う疾患のうち、最近問題となっている病気についてお話致します。

 

1.前立腺肥大症50~60歳以上の男性にみられ、頻尿(特に夜間)、排尿障害、

 残尿感などを認めます。病気自体は良性ですが、放置すると尿が出なくなり腎障害

 を起こします。

 

2.前立腺癌初期では無症状です。血液検査でPSA(前立腺よりの分泌物)が4.0以上

 を異常値としています。 50歳以上の男性は定期的な検査を受けることをおすすめ

 します。

   

3.過活動膀胱この病気の症状は尿意切迫感(急に尿意が生じ、尿もれが起り

 ます)頻尿、尿失禁などです。40歳以上の女性では40~50%の方にみられるとの

 報告もあります。

 

以上のような病気、症状を心配される方は一度受診されることをおすすめ

いたします。

 

【外来担当医(月曜日午前・午後):齋藤 功】

 

■診療科紹介(皮膚科)

【外来担当医(月曜日午前・木曜日午前):石﨑 千明】