【小児外科のご案内】


外来診察スケジュール

 

 

午前

 

石田

石田

石田

石田

石田

 

 午後

 

石田 石田 石田 石田 石田

小児外科より


この度、三軒茶屋第一病院外来にて小児外科疾患を扱うことになりました。

 

外来で扱える疾患が主体です。手術が必要と考えられれば小児外科専門施設(日本赤十字社医療センター、成育医療センター等)へ御紹介いたします。

 

学童の虫垂炎、鼠径ヘルニアなどは当院の準備が整えば手術が可能になります。(現在は不可能)

また希望があれば小児外科疾患に関してのセカンドオピニオンも可能です。

地域の多くの子供たちのお役にたてれば幸いです。

小児外科とは?


 

 基本的には新生児から16才以下の小児の一般外科的疾患を専門に扱う科です。心臓疾患、整形外科疾患、耳鼻科疾患は扱いません。

 

 特徴的な小児外科手術は生まれてすぐの赤ちゃんの色々な先天性の病気に対して行うものです。新生児期に手術するものとしては鎖肛、臍帯ヘルニア、腸管閉鎖、横隔膜ヘルニア、壊死性腸炎、乳児期では肥厚性幽門狭窄症、腸重積症、鼠径ヘルニア、胆道閉鎖症、幼児学童では急性虫垂炎、腫瘍性疾患などが代表的疾患です。全体として手術例の半数は小児ソケイヘルニアです。次いで停留精巣や小児虫垂炎を多く扱います。

 

 小児期に大きい手術を受けたお子さんに対して長期に外来で経過を観察しています。病気によっては成人以降も経過観察を要する例もあります。小児期に小児外科疾患の治療を受けた成人の診察も行います。

 

小児外科を専門的に行える病院は限られています。都内では各大学病院の他は国立成育医療センター(世田谷区)、日赤医療センター(渋谷区)都立小児総合医療センター(府中市)聖路加国際病院〈中央区〉などです。

スタッフ紹介


【常勤医師】石田和夫

 

小児外科専門医

 

長年北里大学病院、日赤十字医療センターで小児外科の診療を行なってきました。